賃貸と分譲どう選べばいいの?

皆さんの住まいはどのようなものですか?
同じマンションでも、家賃を毎月大家さんに支払う賃貸なのか、自分の持ち家として構える分譲なのかに分かれます。同じ間取りのマンションが賃貸物件または分譲物件かで、異なるところがあります。毎月支払う家賃または住宅ローンの返済金額など、お金に関することも違ってきますし、それに賃貸物件に住んでいるとマンションのコミュニティーに参加しなくても良いですが、分譲でしたら必然的に役員に加えられたりと人づきあいもあります。

一生の住まいにする分譲物件なのか一時的な住まいとして割り切る賃貸物件なのか、どちらを選べばよいか難しいところです。まず賃貸または分譲で悩まれている方は、自分の今後のライフプランを見つめなおしてみるのはいかがでしょうか。もしも自分が勤めている会社が、いつ全国各地に飛ばされるかどうかわからない転勤族でしたら、その時々に合わせて賃貸物件を利用してみるのもいいでしょう。

反対に転勤もなく、これから先20年以上は確実に同じ地域で暮らしていくと決めている人でしたら分譲にしても良いでしょう。どちらにしろ自分のライフプランを一度見つめなおしてから「賃貸」「分譲」を選びなおしてみてはいかがでしょうか。

一昔前では分譲物件を購入するのは家族持ちで、賃貸物件を利用するのは独身者という考えがありました。でも最近では40歳過ぎてからでも独身の人は昔に比べると多いので、賃貸物件に住み続けるよりも分譲物件を思い切って購入する方も多くなっています。確かにこのまま一生独身の状態で、60歳の定年を迎えて会社員時代と違って定期的な収入がなければ賃貸物件に住み続けることは難しいかもしれません。それとも分譲物件を購入する環境でなかったら、郊外へ移住して格安の賃貸物件を利用してみる方法もあります。

そしてお金のことも気になります。分譲物件を購入するときは100万円単位の頭金を用意して購入する意思を固めないとなりませんし、住宅ローンを組んで毎月コツコツ返済をしながら、マンションの修繕管理費や年に一度固定資産税を支払わないといけないコストもかかってきます。その点、賃貸ではかなり気軽です。敷金礼金と毎月の家賃を支払えば余計なコストをかけることなく住み続けることができるのです。分譲物件と賃貸物件にかかるコストの面で考えると、一番良いのはどちらなのかご自身のライフプランに合わせて考えると答えは出るでしょう。

将来、自分の家を持ちたい!もっといい家に住んで快適な暮らしを送りたい!程度はそれぞれあるにしろ、大体の人がそう考えていることでしょう。ですが、現実は厳しくただ普通に働いているだけでは持ち家を手に入れることは不可能に近いのです。毎月収入の中から5万円貯金したとしても1年で60万円。10年続けても600万円にしかなりません。土地持ちや地方で小ぶりな家を考えているなら20年、30年と続ければ一括で家を建てたり買ったりできるかもしれませんが、お金を使う先は家を建てることだけではありませんよね?そう考えたら、やはり何かしらの方法で出来るだけ大きな金額を得られる仕事をすべきなのです。

都内近郊や副都心周辺に住んでいるのであれば、幅広い年齢層に人気の高い越谷風俗で仕事探しをしてみるのはいかがでしょうか?越谷の風俗求人は他の都市に比べ幅広い年齢層に受けるという話もあります。つまりは上から下まで多くの年齢層の人が働いていることになります。将来的に家を持ちたい、いい家に住みたいと思ったなら何歳であろうと将来目標に向けてお金を貯めなければいけません。そういった人にとってこういった風俗求人は救いの手になり得るかもしれませんね。